不満足要因と満足要因



企業の業績・成果を左右する大きな要因の1つに従業員の「モチベーション」があります。
従業員の「モチベーション」を向上させるためにはどうしたらよいのでしょうか?
ハーツバーグによれば、人間は2種類の基本的欲求を持っており、「モチベーション」向上のためにはその両方の充足が不可欠とされています。

○「苦痛」を回避する欲求=不満足要因

 これは、報酬、職場環境、労働条件、対人関係などの物質的要素です。
これらの条件が悪いと、不満の原因となり、成果にも悪影響を及ぼします。不満足要因があると、かりに満足感があってもそれが長続きせず、欠乏感が再発するからです。したがって、それらの不満となる原因を取り除くことが必要です。ただし、それ自体では動機付けになりません。たとえば、給与が低いと不満足要因になります。しかし、いくら給与が高くても、満足感は長続きしないのです。

○「成長・自己実現」を図る欲求=満足要因(動機付け要因)

 これは、仕事の中で満足感・喜びを感じる、という心理的な動機付け要素です。
不満足要因がない状態で、満足要因が充実すると、モチベーションは著しくアップされます。逆に、不満足要因は除去されても、満足要因がないと、モチベーションはアップされませんし、高い成果も期待できません。


「従業員満足なくして顧客満足なし」とよくいわれます。
従業員に成果を求めるのであれば、まずは、働く環境の整備が大前提になります。


戻 る