マネジャーに必要とされる能力

 

   「カッツモデル」の画像検索結果

 

   米国の経営学者ロバート・L・カッツは、マネジャーに必要とされる能力を「テクニカル
 スキル」、「ヒューマンスキル」、「コンセプチュアルスキル」の3つに分類しました。

 

※テクニカルスキル


   テクニカルスキルとは業務遂行能力のことを指します。現場で実際に遂行する際に必
 要となる実践的な知識やスキルのことです。

 

※ヒューマンスキル


   ヒューマンスキルとは対人関係(構築)能力のことを指します。チームの関係性を高
 めるために適切な役割分担や調整を行ったり、メンバーを励ましたり、時に交渉を行っ
 たりするような能力が求められます。


   トップマネジメント層からローワーマネジメント層、そして現場のスタッフまで全て
 のポジションに置いて求められるのがこのヒューマンスキルの特徴です。

 

※コンセプチュアルスキル


   コンセプチュアルスキルとは概念化能力とも呼ばれ、これをあえて日本語で表現する
 なら『複雑なものごとの状況を俯瞰的・体系的に捉えて概念化することで、本質を見極
 めて対応する能力』とでも言い換えることができるでしょう。

取り組もうとする問題・課題の本質を考えたり、チームに対して目的・目標、組織が
存在する理念を示したりする役割を担うスキルです。

マネジャー(あるいは経営者)にはさまざまな仕事があります。

・部門に関わる重要な問題に対処する。

・上位からの課題・タスクを達成する。

・限られた時間、あいまいな情報の中で適切な判断を下す。

・多様な関係者の間を調整する。

・新しい仕事をゼロから立ち上げる。

・部下の特性に応じて育成・活用する。

これらは、決して定型的なやり方に当てはめれば正解が出るというものではなく、そ
の対極ともいえる思考力(概念化能力)が求められます。

このスキルは他の2つのスキルと比べ、職位が上がるほどその必要性・重要性が増し
ていくとされています。

 

  私は、マネジャーに必要とされるスキルのうち、コンセプチュアルスキルとヒューマン
 スキルの向上に資する研修を通じて、管理者の能力アップに貢献したいと考えています。